霊園を利用して供養する~ラストプレゼンツ~

墓地
墓地

出生数を死亡者数が上回る

日本では出生数を死亡数が上回るようになっており、今後は墓地の不足が心配されています。葬儀の持ち方にも変化が見られ、シンプルな家族葬が増加しています。墓地を持たないで済む散骨も増加傾向にあります。家族間でこうしたことを事前に話し合っておく必要があります。

墓地

じっくり比較してみよう

墓石の値段は素材によって、かなり高くなることがあります。先々のことを考えて予算を決めることがポイントです。また、じっくりと比較することも大事です。業者によってかなり差が出るものとなっているため、種類やデザインを比較することをお勧めします。

墓地選びに注意すべきこと

専門の協会から認定を受けている優良業者です。遺品整理の東京業者はスムーズに健全な作業をしてくれるので、信頼できるのは間違いありません。

墓地選びと交通アクセス

案内

埼玉県春日部市は、約23万5000人の人口を擁する大都市です。東武伊勢崎線(スカイツリーライン)が東京方面に走り、交差する形で東武野田線がさいたま市と千葉県方面へ走る、通勤・通学のアクセスが非常に便利な立地にあります。中心となる春日部駅を少し離れると、閑静な住宅街が軒を連ねる地域です。 春日部市内には現在、15の霊園があります。これは、アクセスの便利さと閑静な土地柄が影響しています。 15の霊園のうち、寺院墓地が5つ、民営の墓地が10つです。およそ半数の霊園は駅から徒歩圏内ですが、他は駅から少し距離があります。 寺院墓地と民営墓地のどちらが良いか、御家族あるいは御自身のための霊園を選ぶ際に注意しなければならない点がいくつかあります。

寺院墓地と民営墓地の比較

まず、宗派についてですが、一般的には、寺院墓地の場合は宗派が決まっており、民営墓地は宗派不問の場合が多いです。 次に、墓地および施設のメンテナンスと開園時間に関してですが、寺院墓地の場合は住職が面倒を見てて、訪問可能な時間帯もある程度は考慮されることが多いですが、民営の場合は民間の運営会社によって管理され、管理人が常駐される時間帯(例えば9:00から18:00)が決まっていることが多いです。 また、法事等を開く際に多くの親族や知人を招く場合に、適切な広さの会場があるかどうかも重要なポイントです。寺院墓地では、寺院内に設置されていることも多いですが、民営墓地の場合は小人数なら可能でも、ある程度の人数を招く会場は別途、確保する必要があります。 また、交通アクセスと駐車場の有無も重要ですが、春日部市内の霊園の多くは駐車場完備の霊園が多いです。 また、全ての霊園に共通して言えますが、故人が生前にかわいがっていたペットの入園が可能かどうかも重要なことがあります。

心に残るお別れを

墓地

子供たちが別の地域で住むなど、生活形態も変わってきましたので、葬式後のお付き合いも難しくなっています。これからは形式にとらわれることなく、本当に親しかった方たち囲まれて旅たつ家族葬がますます増えていくように思います。

»詳しく見る